穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

19080701岬と峠を歩く人

穀粒記者レポートトップへ

2019.08.07 穀粒記者レポート・『逗子巡り』投稿者:岬と峠を歩く人

梅雨明け 太平洋高気圧
サムエル246号、皆様にメールに添付で送信、一部の方にはプリントのサムエルを郵送。終わってホッとしている。しかしこの暑さ!梅雨明けとなって強烈な日差しに外を歩けば、体ほてってヤキトリになるみたい!?(・・;) それで「熱中症対策に日傘を男性も」と環境省の推奨により、日傘を買いましたよ。ホームセンターで3500円。店を出て写真のちょっとした緑の広場へ行く間、「男性が日傘?」と誰にも変な顔されませんでした。
画像の説明
気づいてもなかったようです。大いに活用しましょう。サムエル246号に「さくら貝の歌」を載せました。市民グループで逗子巡りを楽しんだときの写真です。
画像の説明画像の説明画像の説明
You Tubeで「さくら貝の歌」で検索すると倍賞千恵子さんの素敵な歌声が聞けますよ。海が珍しい内陸の男女たちは、名所旧跡を巡り、逗子海岸の砂浜では貝殻拾いに熱中し、
画像の説明
海を眺めながら輪になってお弁当。サムエルウォークでもいずれ行きたい。府中近隣の皆様、ウォーキングコース近辺の皆様、ご参加歓迎です。

  • 確かにヤキトリにならないように日傘をさしましょう。顔の横で小型扇風機を廻しているより風情がありますよね。貝殻ってこうしてみると美しく遠い昔の幼い頃を思い出します。立体感がよく出ている写真ですね。 -- 岸野みさを 2019-08-08 (木) 10:38:03

認証コード(6606)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional