穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

19081502三上しおり

トップページへ 自分史・家族史トップへ画像の説明

2019.08.15 自分史・家族史「青い鳥」 投稿者:三上しおり

小さな奇跡

 数年前から「いつか青い鳥を見に行きたい」と思っていたのですが、その機会を中々つくることが出来ずに、歳月が流れていきました。 
 ある朝、悩んでいて「神様の愛を感じたい」と願いました。すると、青く澄みきった空から、わが家の窓辺に青い鳥が飛んで来ました。その背中は青藍色、お腹は赤褐色、とても綺麗で感動しました。その鳴き声は「ピチュピチュピチューッ」と澄んでいてとても美しい声でした。喜びを感じました。
 神様の愛を感じ、心は癒されました。「青い鳥」それはイソヒヨドリの雄で2日目、3日目と7階のわが家まで飛んで来てくれました。わたしはその青い鳥に「ありがとう」と心の中で言いました。とてもしあわせな気持ちがしました。神様の愛は不変でいつもそこにあります。

IMG_20190811_144502_20190812213213_20190813213503_20190815055839_20190815060204_20190815060348_20190815060512_20190815205105_20190815205201_20190815205259_20190815205617_20190815210328_20190815210540_20190815211145_20190815211500.jpg
「わたしが悩みのうちに、主に呼ばわると、主はわたしに答えられる。」
(詩篇120:1)

  • 幸福を象徴する青い鳥を捜しに行かなくても青い鳥の方からやってきたのですね。メーテルリンクの青い鳥もチルチルミチルが青い鳥を捜して旅にでたけれども探し当てたところは身近にあったのでした。主は私たちの必要とすることを身近な人や身近な自然を通して祝福して下さいます。そのことに気付いたご投稿と綺麗な青い鳥の写真をありがとう。 -- 岸野みさを 2019-08-16 (金) 20:38:19

認証コード(3476)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional