穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

23040301 オーマン ヤスコ

トップページへ 自分史・家族史トップへ画像の説明

2023.04.03 自分史・家族史「英語習得法についてお答えします」 投稿者:オーマン ヤスコ

習得するにはいくつかの方法があるのはご存じの通りです。ある方は書物(雑誌、新聞を含む)をとおして、ある方はTVドラマや映画鑑賞、あるかたは英語塾や英語学校、ある方は英語圏からの人とお友達に、ある方はいっそのことその英語圏の国に留学する等々様々の方法があります。言葉というのは人と接して意思疎通を図る手段ですから、耳できいたものを今度は自分の口を発して、自分の持っている知識を人に伝えるものであると思います。ですから、どの方法で習得したのが一番良いかはその人によって異なってきます。私自身は習うより慣れろで今まで来たように思います。私が英語という外国語に初めて接したのは中学生になってからでした。そこで日本語とは全く異なった語彙、文法そして音を聞いて英語というものに接していったのです。中学校の3年間の英語、それが基本となっているのは確かです。その3年間の英語を理解していれば、会話は十分できます。もちろん、翻訳家や通訳者あるいは学者のように専門の仕事に就く方は別として、基本はその中学生で習った英語を充分理解していれば、日常会話は十分にできます。幼い子供がどうやって言葉を学んでいくかは、日常聞いている言葉をききとり、それを言葉に発しているのです。決して難しい言葉をつかっているわけでもありません。私が普段話しているのはそのような英語です。
話が少々ずれますが、私が結婚した時、主人から私達の子供には日本語で常に接してくれるようにと要求されました。それはそれで結構なのですが、そうしたら、私の英語の上達はしないのではと主人にいいましたら、あなたは基本的には英語を知っているので、長い間アメリカで生活していれば、上達するからといわれました。それを信じて、私の責任、仕事は子供たちへ日本語で接して日本語で話せるよう、上達させることを願って、毎日、毎日日本語だけを子供に喋るようにしてきました。お陰様で子供たちは日本語を苦労せずに話しています。そして私と子供たちの会話はすべて日本語です。さて、私の英語はどうでしょうか。確かに英語をしゃべる環境にはありますが、私の頭の中は常に日本語です。私は結婚してからは仕事に就いたことはありません。常に子供と日本語で接して家事をこなし、子育てに追われた毎日でした。英語を聞くとしたら、買い物にでかけたときくらいのものでしょうか。今現在、子供が成長しても私の彼らへの会話は日本語です。私が英語をきくとしたら、主人との会話、毎日のTVニュース(1時間)、教会の集会と大変限られた時間に英語が耳に入ってくるという生活です。ある家族は国際結婚したら、ご主人の国の言葉に転じてしまいますので、せっかく2か国後を習う機会があってもそれを失ってしまいます。私はどれが良いかとはいいません。その家族の方針ですから、それでよいと思います。私は今思うに現代世の中に英語は世界言語として通用していますので、その英語を習得することは大事であるでしょうが、難しい語彙ではなく、普段話している語彙で十分であり、それが出来れば完成の域に達したと思います。日本人ほど、英語を習うのにお金をかけている国はないと思います。一つには英語は日本語と全く異なった言語であり、文法がことなります。また文字もアルファベットではありませんので、確かに難しいこともありますが、中学校で教える英語をしっかり習得していれば、十分会話が出来ると信じています。今高齢になった私に必要なのは医者に通う率が増えたことです。そこで必要な語彙は医療英語でしょうか。それには以前は辞書を利用していましたが、現在はパソコンで調べて、言葉を理解し、意味をつかんでそれを医師に伝えていることでしょうか。
この世には沢山の国があり、それぞれ異なった言語がつかわれ、話されています。それらを学ぶこともまた楽しいことであると思います。

  • ご主人は実のなる果樹といい、言語の教育といい何と賢明でしょうか?またそれを喜んで
    実行されてきた伴侶の康子姉妹との連携はお見事です。家庭と家族の幸せが溢れているようで素晴らしいです。 -- 岸野 みさを 2023-04-03 (月) 20:44:18
  • 国際結婚は、色々と大変ですが、楽しみも2倍でしょうね。私も、中々英語が上達しません。いつも喋る言葉が頭の中にありますよね。そして、心の奥深くあるアイデンティティが複雑な日本語を話せる自分も好きです。誇りがあります。
    アメリカの教会で、縦書きの聖書と英語版と両方見ながら、教師の話を聞いていた時、隣の人達がコソコソと「ねぇ見て!文字が縦になってるわよ…」みたいな話をしていました。私は、笑顔でそうよ凄いでしょうみたいな、優越感を感じました。皆さんが、すごい凄い私には無理とか信じられないとか、話してレッスン中なのに、ざわつきました。(^o^) -- 文美 2023-04-05 (水) 22:57:57

認証コード(0487)

いただいたコメントは即座に反映されないことがあります。送信後は30分以上お待ちいただいてからご確認ください。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional